2005年10月13日

目次(仮)

第一章 「ガンダム」大地に立つ

1、80年代の「ガンダム」人気について分析。

2、当時の他のロボットアニメと比較分析。

第二章 「ガンダム」と握手

1、80年代に出現したとされる「オタク」について分析。

2、彼らの一部はなぜ「ガンダム」に走ったのかということを分析。

第三章 「ガンダム」神話

1、「ガンダム」が生き残る言説はどう
やって生まれたのか。

2、「ガンダム」へのイメージの分析。

終章 最終的に明らかにしたいこと
posted by カンバヤシ at 13:54| 大阪 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

卒論「はじめに」

ここ数年、新たに「ガンダム」というアニメーションが人気になっている。今日まで
姿を変えながらではあるが、「ガンダム」というタイトルを含んで続くこと25年。
1979年の「初代ガンダム」放映から、なぜこのアニメが選ばれたのか。
そして、なぜ今日も根強いファン層を形成しているのだろうか。
80年代に「おたく」が出現したと言われる。私は、「ガンダム」の人気と「80年代の社会」の関係から、今日に至る送り手と受け手の関係を見出してみたい
posted by カンバヤシ at 13:52| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。